観光物産ブログ

観光物産ブログ記事一覧

4/1フラワーフェスタで購入した「くちべに」(ペチュニア)がやっと咲きました!3種類のペチュニアを購入し、一番最初に「ほおべに」、次に遅れること10日後「ほおべに姫」が咲き、やっと最後に「くちべに」が花咲きました。購入して約1ヶ月後の開花は最初の「ほおべに」の開花が早かっただけにやけに遅く感じましたが、それだけに嬉しさもひとしお!花を育てる醍醐味を満喫中です。今後はさらに“こんもり”と鉢一杯になるよう育てるのが目標!他、購入された皆さんのペチュニアはどうなっていますか?気になるな~。

 

 

我が家の畑の芍薬も花が咲きました。ピンク色がとっても鮮やか!

 

 

 

 

 

こちらも芍薬。もう少しで咲きそうです。

 

 

 

 

通勤途中の風景(手前はレンコン畑)、松橋と不知火の境目辺りです。

九州新幹線がすぐ近くを走ります。当たり前なのかもですが、騒音や振動で「あ!今新幹線が走っている」と感じたことはありません。本当に今の新幹線は流れるように静かに「スーッ」と走るんですね~。気が付かない事もしばしば。

 

そう言えば、昨日5月1日は「八十八夜」お茶の初摘みの日でしたね(ハウス栽培は別ですよ)。もう少し待てば今年の「新茶」がお出まし!ホームページの物産コーナーで近々お知らせできればと思っております。

では、今回はこの辺で。皆様楽しいゴールデンウィーク後半をお過ごし下さいね!

フラワーフェスタで購入したペチュニア三姉妹(人じゃないけど)の一人「ほおべに姫」が花咲きました!!(写真左側がほおべに姫、右側がほおべに)

「ほおべに」に続いて二人目の開花!毎日「まだかな~?」「もうすぐかな~?」と心待ちに見守っていただけにうれしさひとしおです。しかし、しかし最後の一人「くちべに」が頑固なまでに緑だけの状態を保っています。早く全部咲かないかな~

などと我が家のお花情報よりこちらをお知らせしなければ!

宇城市松橋町南豊崎地区では「れんげ」が見ごろを迎えています。県道14号線沿いの一部ですが、ピンク色の絨毯を敷き詰めたようになっています!その場所は県道を挟んで200m東にはJRの在来線、また300m西側には九州新幹線が走っているので乗客の方たちの目を楽しませているかもしれませんね。(新幹線では一瞬だから分からないかな?)

 

 

アングルを変えてもう1枚

 

 

 

 

他、岡岳総合運動公園では芝桜のほか「つつじ」も見ごろになっています。ぜひお散歩がてらご覧ください。

この写真は4月22日に撮影したものなので今現在はもっと花が咲いていますよ!

 

 

この日3時頃写真を撮っていたのですが、何組もの親子連れがアスレチックで遊んでいました。高所恐怖症の私はこのすべり台は決して乗れませんが、子供達はとても楽しそうにしていました。

気持ち良さそうでうらやましい~ ※「このすべり台」に興味を持たれた方は一度岡岳へ!

またまた更新が遅くなりがちです・・・が、気を取り直し4月21日(土)に実施しました特急「A列車で行こう」おもてなし活動をご報告したいと思います。

まず当日のお天気ですが、曇り空時々雨少々。心配していたほど降らなくて良かったです!(三角町は海辺の町なので雨風が時々びっくりするくらい強いときがあるんですよね~)

内容としては「アサリ貝入りのお味噌汁」や宇城市パンフレット、A列車プリントティッシュの無料配布などを宇城市職員の皆さん・当協会三角支会を中心に行いました。少しは乗客の皆さんに宇城市の魅力をお伝えできたかな?

アサリ貝入りお味噌汁は当協会会員さんの「大番(おおばん)」さん作。鯛茶漬けが有名なお店です。※JR三角駅近く

 

 

 

A列車の中では乗客の皆様がお配りしたお味噌汁を堪能されていました。

またのお越しをお待ちしております~

 

 

全4便のおもてなしを終え、夕方4時頃松橋町に帰ってくると、小雨の降るなかレンコンの植え付け作業をされている生産者の方を見かけました。小雨に濡れながらの作業お疲れ様です!!

こういったご苦労のなかでおいしいレンコンが出来ているんですね~ ※写真は後日撮りました。

 

 

今回はお隣不知火美術館で開催される「松山春秋展~描けば本当にものが見えてくる~」をご紹介します!

開催期間:4月24日(火)~6月10日(日)

観覧料:大人300円,大高200円,小中無料,団体2割引

休館日:毎週月曜日

松山春秋(まつやま しゅんじゅう)は1909~1993年細川藩の絵師3代目松山雪童の孫として熊本市に生まれ、画家として活躍。「描けば本当にものが見えてくる」という目で自然を見つめ、阿蘇の根子岳、自宅傍の万日山、周辺の木々、畑の坊主葱、落ち葉、椎茸、古い板壁など身の回りのものを、まるで「生活歳時記」のように描き続ける。一方で「南枝塾」を主催し、熊本に多くの日本画家を育てた功績も大きい。没後19年、本展では日本画のほか油彩、水彩、素描も並べ、素朴で温かい作品を紹介。

ゴールデンウィークも間近です。ぜひ一度ご覧になってみてはどうでしょうか。私も休み時間を利用してぜひ見に行こうと思っています。楽しみだな~

 

全然関係ない話ですが、先日筍ご飯が我が家の食卓にのぼりました(作った人:母)。上にトッピングされている三つ葉は我が家でとれたもの!食卓にも春を感じました。

朝はまだ肌寒く感じますが、お昼は暑いな~と思うほど暖かくなってきましたね!まさに春爛漫。我が家の「ほおべに」(4/1フラワーフェスタで購入)も次々に小さな花を咲かせ始めています。一緒に購入した「ほおべに姫」と「くちべに」はまだ緑だけですが・・・他に購入された方たちの花は咲いたのかな~?毎日彼女達(人じゃないけど)を見守るのが日課となっている今日この頃です。

”花の町づくり”の宇城市ですので、我が家の畑からお花情報を少しだけお届けします。(すごく規模の小さい話ですみません・・・)

まずは撫子が小さな花を咲かせ始めています。撫子といえば今年はオリンピック年ですね。女子サッカーの活躍が期待できそうで、夏はオリンピック一色だろうな~。

花の豆知識としては撫子の花の色から「ピンク」という言葉が生まれたんだそうです。

 

 

次は芍薬。まだまだ硬い蕾です。花が咲くのはいつ頃かな?

 

 

 

 

次は桔梗。秋の花で、この苗は去年の秋に植えたものの春芽だそうです。(世話している人:母)

我が家だけでなくご近所のお庭や畑もお花でいっぱいです!皆さんのお家にも花は咲いてますか?では今回はこれまで。