不知火美術館 ~松山春秋展~

今回はお隣不知火美術館で開催される「松山春秋展~描けば本当にものが見えてくる~」をご紹介します!

開催期間:4月24日(火)~6月10日(日)

観覧料:大人300円,大高200円,小中無料,団体2割引

休館日:毎週月曜日

松山春秋(まつやま しゅんじゅう)は1909~1993年細川藩の絵師3代目松山雪童の孫として熊本市に生まれ、画家として活躍。「描けば本当にものが見えてくる」という目で自然を見つめ、阿蘇の根子岳、自宅傍の万日山、周辺の木々、畑の坊主葱、落ち葉、椎茸、古い板壁など身の回りのものを、まるで「生活歳時記」のように描き続ける。一方で「南枝塾」を主催し、熊本に多くの日本画家を育てた功績も大きい。没後19年、本展では日本画のほか油彩、水彩、素描も並べ、素朴で温かい作品を紹介。

ゴールデンウィークも間近です。ぜひ一度ご覧になってみてはどうでしょうか。私も休み時間を利用してぜひ見に行こうと思っています。楽しみだな~

 

全然関係ない話ですが、先日筍ご飯が我が家の食卓にのぼりました(作った人:母)。上にトッピングされている三つ葉は我が家でとれたもの!食卓にも春を感じました。